革の種類

一口に革と言っても、使われてる素材は様々です。anshareで主流になっている革から、珍しい革まで革製品に用いられている動物の革をご紹介しましょう。

【牛】

anshareでメインに使っているのが牛革です。ほぼすべての商品が牛革で作られていると言っても過言ではないでしょう。

古くから「革製品」といえば牛革のことを指し、丈夫で仕上がりが美しいと言われています。革製品業界を見ても圧倒的に牛革の占める割合が高いでしょう。

月齢や牛の性別によって以下のような名称で呼ばれます。

・カーフ

牛革の中でも最高級の素材であり、生後6か月の仔牛の革のことを指します。生後間もない上質な素材であるため傷が少なく、キメが細かいのが特徴。表面も滑らかで高級製品の材料に使われます。

・キップ

生後6か月〜2年までの革を指します。こちらもカーフ同様にキメが細かく、傷も少ないのですが、滑らかさと言う点ではカーフに若干劣ります。高級品に用いられることも多く、カーフよりは手頃な値段で入手することが可能です。

・ステアハイド

生後2年以上が経ち、去勢された牡牛の革を指します。もっとも流通量の多い革であり、厚みが均一、傷も少なくキップに近い品質を兼ね備えています。

・カウハイド

厚さ、強度、傷の少なさなど、革製品に必要な要素を持ち合わせたバランスの良い革です。生後2年以上の牝牛で、カバンに用いられることが多く、キップとステアハイドの中間に位置しています。

 

【豚】

イタリアなど革の生産地として海外のイメージが強い方もいるでしょう。そんな中、唯一日本国内で生産・自給している革が豚です。anshareでもピッグスウェードは財布の内側などに用いられており、優れた通気性をもたらす革として重宝されています。

【馬】

牛革と比べてしまうと、どうしても強度が落ちるため革製品の主流とはなっていません。しかしその分、柔軟性があるためランドセルには馬革が用いられています。コードバンと呼ばれる採取量が少なく、繊維が緻密で光沢が美しい臀部の革は、高級品として人気が高い素材です。anshareでもちょっとお値段の高い商品として店舗に並んでいます。

【鹿】

海外でも馴染みの深い革が牛だとすれば、日本で古くから用いられてきたのが鹿革です。その性能は耐久性に優れ、柔らかく手触りがいいので、お手入れ道具として有効活用されています。

 

それぞれの革の特徴を活かして、anshareでは商品を製作しています。お手入れ方法、お手入れグッズなども店舗にご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。