革の手入れに必要なアイテムはこれだ!使い分け方法を伝授。

日頃から革製品を使用している、または新たに購入した方、革のお手入れ方法はご存知ですか?
実は使用頻度が高い財布などは基本的にお手入れの必要はありません。

しかし長く良い状態を保ちたいならブラッシングや月に1度はクリームを塗るようにしましょう。
手順はブラシでホコリを落とす→クリームを塗る→乾拭きといった感じでOK。

革製品で頻繁に手入れが必要な物はほとんどありませんが、カバンやジャケットなど季節によって使用する頻度が変わる物は保存状態をこまめにチェックしてください。
せっかく質のいいレザーアイテムを購入しても、湿度の高い部屋や風通しの悪い場所、直接日光が当たる場所に保管してしまうと大変なことになります。

理想は上記のような保管場所を避けることにありますが、そんなスペースを確保できないこともあるかと思います。
そんな時は週に1度、保管場所から取り出して風の当たるところへ移動させてください。

そして可能であれば、これからご紹介するアイテムを使ってお手入れをすることが長持ちにつながります。
ではどのようなアイテムを使って革のお手入れをしていけばいいのか、ご紹介しましょう!

目次

ブラシ編

ブラシは革のお手入れに必要なアイテムの基本です!その役割はホコリを落とすことだけではなく、クリームと併用することによってツヤ出しを行うこともできます。
ただし、ブラシと革の相性がありますから、ブラシ選びには注意するようにしましょう。

1.馬毛ブラシ

ブラシの中でも最も使い勝手がいいのが馬毛ブラシです!特徴として毛の密度が高く、毛足が長いことがあげられるでしょう。用途は主にホコリを落とす事と、土などの汚れを落とすのにも最適です。
ステッチ部分や細かい溝にも届くようになっており、毎日履くような靴に対しても大きな効果を発揮してくれます。

使うほどに革に馴染んでくるので、毎日使うのがおすすめ。そうするとブラシも育つようになりますから、革とともに育てるようにしてください。ブラシ自体のお手入れは必要ありません。

2.豚毛ブラシ

馬毛ブラシよりもひとまわり小さく、コシが強いのが特徴です。革にクリームを馴染ませることに適しているので、クリームを塗った後に使いましょう。

多少強めにブラッシングしても、革を傷つけることはありませんが…最初は優しく磨いてあげるとうっかり傷をつけることはありません。注意すべき点はクリームによってブラシを使い分けること!
同じブラシで使い回しをしていると、色移りする可能性があります。その点はご注意ください。
馬毛ブラシと同様にお手入れの必要はありません。

3.羊毛ブラシ

ぶっちゃけてしまうと、羊毛ブラシは通常の革のお手入れにあまり必要ありません。なぜかといえば…コードヴァンなど高級な革を磨きあげることに適しているからです。

馬毛や豚毛に比べても、ダントツに柔らかく値段も少々お高め。もしもエナメル革や爬虫類系の革製品をお持ちならおすすめします。羊毛ブラシで磨けば革を傷つける心配もありませんから!

4.ハンドルブラシ

梯形のブラシはホコリを落とすことに適していますが、細かい部分にもムラなくクリームを塗りたい場合はハンドルブラシをおすすめします。 毛先にほんの少しクリームをつけて、革製品になじませます。梯形ブラシに比べると毛の密度が高いため、広い範囲にクリームを塗ることができます。 革製品の形状によってハンドルブラシは使い分けるのが理想です。こちらはバッグやジャケット、靴などに適したハンドルブラシになります。

クリーム編

ブラシで革の汚れを落としたら、今度はクリームを塗ってツヤを出しましょう!
しかし!クリームといっても種類が豊富でどれを選んでいいのかわからない!とお困りの方もいるでしょう。
そこで代表的な3つのクリームをご紹介します。

1.革小物用ブライドルレザークリーム

ロウの成分を多量に含んでいるため、くすんできた革に使えばツヤを復活させてくれます。
汎用性も高くどんな革にでもなじむのが特徴!塗りつけると予想以上に伸びるので、ごく少量の使用で十分です。

難点としては少々ベタつきがあるものの、塗布後しばらく放置してから拭いてしまえば、しっとり感が出て馴染んでくるでしょう。

2.革小物用コンディショニングクリーム

ツヤ出しするよりもしっとり感を与えてくれるクリームです。塗り始めこそ光沢が出ますが、時間が経つほどに光沢が収まり表面がなめらかになっていきます。

乳化性ですから革の油分補給に適しており、クリームを塗っている際に手についてもすぐ洗い流すことができます。ただし、爬虫類系などの特殊な革に対してほとんど効果がありませんのでご注意ください。

3.革小物用コードヴァンクリーム

薄〜く塗るだけでピッカピカのツヤを出してくれるクリームです。思っている以上に薄く塗って乾かさなければ、拭きとるのにめちゃくちゃ時間がかかるのでご注意ください。

性質はクリームというよりもワックスに近く、それこそコードヴァンを羊毛ブラシとともに磨き上げたい人におすすめします。

もしもカビが生えてしまったら…

革の最大の敵は「カビ」です。保存状態が良ければ、革製品にカビが発生することなんてまずありませんが、油断していると一気にカビだらけになります。
ではもしカビが発生してしまったらどうすればいいのか?その場合はこちら!

レザーキュア・カビ用ミスト

どんなカビでも根こそぎ絶ててしまうほど万能ではありませんが、一定の効果を発揮してくれる抗菌剤です。
使い方は発生したカビに吹きかける、あるいは布に取って拭きとる感じ。

カビの除去だけではなく、発生防止にも効果があるので予め吹き付けておくといいでしょう。
結構臭いが残るので、ご使用の際には十分な換気と万が一目に入った場合などは水で洗い流すようにしてください。*ヌメ革・素仕上げ革・爬虫類系の革には使用できません。

その他

アメダス防水スプレー

防水と汚れを防ぐ際に効果を発揮するのがこのスプレーです!革製品は雨に濡れると水が浸透し生地が劣化してしまうため、防水スプレーを塗ることで劣化を防ぎます。これを塗るとわかりやすいぐらい水を弾いてくれますよ!

値段は張りますが、使える製品もスウェードから布まで幅広く商品を購入したらすぐ使用してください!そうすることでより革製品が長持ちするでしょう。
気になる点といえば臭いですかね。独特の臭いが苦手な人もいるので、マスクを着用して使用してください。

最適のお手入れアイテムとは!?

全部!と言いたいところですが、ご紹介したように革の質によってはお手入れに適していないアイテムもあります。
通常の組み合わせとしては「馬毛ブラシ+豚毛ブラシ&コンディショニングクリーム」といったところでしょうか。

ご紹介したお手入れアイテムは全て店頭で販売していますので、スタッフと相談しながら購入することをおすすめします!

支払い方法について

クレジットカード決済(Paypal)
クレジットカード、Paypalでのお支払い
■ご利用いただけるカード
Visa、JCB、Master Card、AMEX
 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)
商品到着時に、配達員にその場で料金をお支払ください。
*代引手数料 300円をご負担頂きます。 
ゆうちょ振替
お振替確認後、発送させて頂きます。
---------------------------
■ 記号:17000
■ 番号:19203121
■ 名前:シンジョウケイ
---------------------------
*振込手数料はお客様負担でお願い致します。